新築の魅力

新築住宅にはどんな魅力がある?

新築住宅は誰も住んでいない真新しい住まい

新築住宅は誰も住んでいない真新しい住まい 建売住宅は売れない状況が続くと、販売価格を下げて売り出しを始めるケースは多いといえましょう。
しかし、完成から1年を経過すると新築の表記ができなくなるルールがあるので中古・未入居物件などのような表記に代わるといいます。
表記はあくまでも売り物件の場合であり、注文住宅で家を作ったときには誰も住んでいない新しい住まいになります。
注文住宅で新築の家を建築したけれども、何らかの事情で引っ越しができない状態になっている、この場合も1年が経過しても新築であることには変わりありません。
ただ、家に誰も住んでいない期間が長くなると空気の流れなどがないので家の中にある設備や建材など家に使われている様々なものがダメージを受けやすくなりがちです。
そのため、新築で建てた家に直ぐに引っ越しができないときなどは、定期的に空気の入れ替えを行うなど状態を適切なものにするよう工夫しましょう。
なお、真新しい住まいは和室の部屋があれば井草の香り、木造住宅なら木の香りを感じることができる住まいになります。

新築にダメージがあった場合の正しい対処法

新築にダメージがあった場合の正しい対処法 せっかく新築ができて喜んでいたのに、新築にダメージがあったという方もいるのではないでしょうか?そのような場合に考えられるのが、「欠陥工事」です。
耐震偽装などでも問題になりましたが、偽装工事、手抜き工事も決して少なくありません。
そのために、新築にダメージがあったという場合にはすぐに依頼した業者に連絡をしてください。
無償にて保証してくれることもありますし、欠陥が認められれば賠償を求めることも不可能ではないはずです。
しかしながら、面倒なことになるのは嫌という人も多いはず。
そこで、業者としっかりと話し合って問題が大きくならないように円満に進めていくのも方法となります。
夢のマイホームを手に入れても、欠陥が見つかれば苦労が絶えません。
そのようなことがないように、手抜き工事の心配がない業者に依頼するのが一番です。
後悔しないためにも、正しい業者選びをまずは行い、あなたも安心して生活できるようにしてください。

Copyright © 2022 新築の魅力 all rights reserved.